発毛治療で髪の毛を復活|もう困難な悩みじゃない

Topic

タイプを把握する

喜ぶ男性

発毛治療を行なう必要がある薄毛や抜け毛の症状が、AGAと言われる症状です。
環境の変化や食生活の変化がおきたことで、多くの人がAGAという症状に悩まされている傾向にあります。
そのため、AGAを治療することができる発毛治療の商品もたくさんあり、発毛治療を行なっている施設も多いです。
その発毛治療を行なう必要があるAGAには症状に種類があります。
タイプを事前に知ることで、自分の頭皮の状態をいち早く把握することができます。

東洋人に多く見られる脱毛症状になるAGAのタイプは、U字型のタイプです。
U型のタイプは、おでこの方から髪の毛が薄くなっていきます。
おでこの方から徐々に髪の毛が後退を初めて、最終的には髪の毛がなくなってしまうでしょう。
この症状はおでこという真正面の生え際からおこる症状となっているため、自分で気づきやすいという特徴があります。その為、発毛治療も一般的な治療薬で行なうことができます。

AGAという症状に多く見られるタイプになるのがM字型です。M字型もU字型と同じように額から薄くなります。
U字型との違いは、中央の髪の毛は残って薄くなるという症状になります。
このM字型もU字型と同じく自分で気づきやすい脱毛症状となっているので、治療薬での治療を行なっています。

発毛治療を行なうことが最も遅れる症状になるのが、O字型のタイプです。
このO字型のタイプは、つむじの方から薄毛や抜け毛になっていきます。
つむじは頭の頂点にある部分です。そのため、自分では確認することが難しいところでしょう。
そのため、大半の人は症状が悪化した後に発毛治療を行なっています。症状が進んでいるので、改善するためには多くの時間が掛かります。
このように、同じAGAの症状でも脱毛する形や箇所が違うためしっかりと把握することが大事です。